注目記事

注目ワード

2014.11.18-堺市・南区で天ぷら職人として働く工藤君津さん

工藤君津さんについて

新しく働くあさがお食堂を選んだ理由

あさがお食堂には何度か食べに行ったことのある私が大好きな食堂です。いろいろあるんですが、その中でも一番のオススメは天ぷらです。私は、転職をするのであれば天ぷらが最高のあさがお食堂にと決めていました。その思いは現実になりました。

工藤君津さんがこれまでしていた仕事

私は、今まで飲食店のホールではなく、3.4年はキッチンで働きました。その後は、半年ほどホールを経験しました。それと、スーパーの仕事をした時はレジをしないで、バックヤードで荷物の整理や準備をしていました。人の裏方の仕事を好んでしていました。

天ぷら職人について

工藤君津さんが思うやりがい

天ぷら職人だけではないと思いますが、私はお客様が食べた後に「美味しかった!」「また食べに来たいね」等の声を聞けるのは本当に至福の時だと思っています。そのお客様の声が聞こえるので仕事をする元気になっています。

プロになるために必要なこと

プロになるということは、あらゆる食材を揚げる場所に立つということです。だから、どんなものを何秒で上げれば仕上がるのかを覚えなくてはいけません。揚げる時間を間違えると食材の味を殺してしまうことになってしまうからです。

工藤君津さんが努力したこと

始めは食材の良し悪しを選ぶことが本当に辛かったです。衣のつけ方を習う前の問題でした。何ヶ月も食材の良し悪しを見分ける方法を習いました。その後の衣のつけ方もかなり長い修行をしました。何度も何度も覚えて指に火傷を負いながらも練習しました。

タグ情報:

お問い合わせ

お名前
ふりがな
お問い合わせ内容

関連記事

ページトップへ
Copyright(C) 堺の求人転職情報番組[S1エスワン] All Rights Reserved.